『ハニーレモンソーダ』が今熱い!!王道が好きなら外せない少女漫画

  • 2020年9月15日
  • 2022年9月12日
  • 漫画

あなたは『ハニーレモンソーダ』をご存知でしょうか?
胸キュンが詰まった、今ウタラテが1番おすすめしたい少女漫画です。

この記事では『ハニーレモンソーダ』ことハニレモの魅力を、存分に語っていきます。

*この漫画はこんな人におすすめ*

・今時の王道少女漫画が読みたい人
・甘酸っぱい青春を送りたい人
・イケメン男子に守られたい人
・成長していくヒロインが好きな人
・『君に届け』が好きな人

どれだけおすすめしたいかというと・・・
ウタラテ
ハニーレモンソーダ!!!

こんな風に、大声で伝えたくなるほど大好きな作品です。笑

このハニレモの良さが1つでもあなたの心に響きますように・・・!

ハニーレモンソーダって?

引用:りぼんわくわくステーション

『ハニーレモンソーダ』は、村田真優先生が描く青春ラブストーリー。
集英社りぼんマスコットコミックスから刊行されており、2020年9月現在で14巻まで発売されています。
8月25日発売の14巻で累計360万部を突破した(電子版を含む)大ヒット漫画です。

あらすじ

中学時代にいい思い出がなかった石森羽花は、高校入学したての15歳。
明るい高校生活を送るため、ダメな自分を卒業したいけど、なかなかうまくいかない日々。
そんな時、同じクラスでレモン色の髪の三浦くんに出会って―!?

自分を変えたい全ての女の子へ。無限にときめく青春ラブストーリー。
引用:りぼんわくわくステーション

乙女心をくすぐるハニレモの魅力

ただイチャイチャして、ラブラブしているシーン満載って漫画ではありません。
もちろん甘いシーンはちゃんとあります。
巻が進めば進むほど、キュン死にを狙うシーンが続々と増えていくのです。
この作品は言えばヒロインである石森羽花の成長物語です。
でもそれだけではなく、羽花の影響で周囲の人間もどんどん変わっていきます。
それは本作のヒーロー、三浦界も同じです。
学生って、実は色んなことを抱えていると思うんです。
勉強、友情、恋愛、家族、そして将来・・・
特に高校生は、子供ってわけではないけれど、大人ではないという曖昧な時期。
私も当初は、「高校生って大人だなぁ」って思っていました。
でも実際に年齢を重ねて20歳を超えてみると、「まだまだ子供だったなぁ」と苦笑いします。
まあ20歳を超えれば大人になれるのかと聞かれれば、そうとは言えないんですけどね・・・難しい・・・
ハニレモを読むと、「わたしも頑張らなきゃ」って気持ちになります。
心に響く言葉が選びきれないほど、沢山出てきます。
たかが少女漫画などと侮ってはいけません。
ウタラテ
ハニレモは、大人でも十分に胸キュンできる内容です!
なので、年齢関係なく読んでほしいです!

正直わたしは普段、少女漫画だったらフラワーコミックスを1番読みます。

『りぼん』は本当に健全な少女漫画ってイメージだったので、少し読むのをためらいました。

今思えば、1度でもためらった自分はバカですね。笑

ストーリーが本当に良くできていて、笑いも涙も詰まっています。

不思議と何度読んでも飽きません。

イチャイチャ要素の方は正直、「え、今リボンってこれアリなの!?」ってめちゃくちゃ驚きました。

改めて偏見ってダメだなって思いましたね。笑

気になる方は、ぜひ読んでみてください。

 魅力満載な主要キャラ2人

ハニレモには、魅力的な登場人物たちが沢山います。
その中でも今回はメインの2人石森羽花三浦界について、それぞれ紹介します。

常に上を目指す真面目系ヒロイン、石森羽花

引用:りぼんわくわくステーション

今作のヒロインである羽花。
羽花の通う八美津はちみつ高校は、派手な生徒たちがほとんど。
だから「地味で真面目」という羽花は、この高校では浮いた存在でした。

けれど界とつるむようになってからは認知度が上がり、付き合ってからは有名人状態に。
「どうやって界と付き合うまでいったの?」
と聞かれることも少なくはありません。

最初は挨拶すら苦手でした。
でも「変わりたい」という気持ちと、それを支える周りのお陰で、羽花はどんどん明るくなっていったのです。

羽花は本当に心優しい女の子。
周りのちょっとした変化やSOSに目敏く、自分よりも他人を優先してしまうことも。

話が進むごとに進化していくヒロインの姿に目が離せません!

ただのソーダだった三浦界が、彼女の前では甘いはちみつ入りに

引用:りぼんわくわくステーション

今作のヒーローである界は、すれ違う女の子たちが思わず騒いでしまうほどのイケメン男子。
派手なレモン色の髪もあり、八美津では界を知らない人はほとんどいないでしょう。

そんな界が羽花と関わるようになったきっかけは、ネタバレになるのでここでは語りません。
ここで言えるのは、界が困っている子を放って置けない優しい男の子だということです。

少々口は悪いですが、「めんどくせぇ」と言いながら羽花の手をとり、時には背中を押します。

そんな素敵な男の子に、惚れない方が難しいわけです。

この作品は、基本的には羽花の成長を描いています。
しかし、変わっていくのは界も同じ。

羽花に影響され、界もどんどん良い方向に変わっていきます。
そんな2人を見守るのは、とても楽しいです。

見た目も中身も正反対な2人。
それでも惹かれ合った羽花と界。

だからこそ、2人の絆は強いのです。

名場面を知りたい人だけに教えます

沢山ある名場面の内、大好きな場面の名言を3つお伝えします。
※少々ネタバレがあるため、見たい方のみ下記ボタンをクリックしてください。

ハニレモの心に響く名台詞①
石でもおまえは宝石なんだよ
(by三浦界 ハニーレモンソーダ1巻P117~P118より)
解説
中学時代、羽花はいじめられていました。あだ名は、「石森羽花」から取って「石」。自分に自信がなくて色々と考えすぎていた羽花は、表情もほぼなく笑うことも泣くことも出来ず、誰かに声をかけることも出来ませんでした。
「石」と言われていた羽花。でも彼女はそれを否定できません。そんな羽花に界は、もう「石」で良いのではないかと言います。界の言う「石」は、羽花をいじめてきた彼らが発していた意味とは全く違い、羽花の背中を押すための言葉でした。
ハニレモの心に響く名台詞②
娘を想う父親がいる
友達を想うクラスメイトがいる
誰も悪くない
だったらどっちも守るしかない
そうだろ?

(by三浦界 ハニーレモンソーダ5巻P164~P166より)
解説
羽花のことをそれは可愛く思う父。
ある日、羽花が友達と遊んでいる姿を目撃します。派手な外見をしている今の友達は、羽花には相応しくないと羽花の父は判断し、羽花を別の高校に編入させるために、しばらく八美津を休ませます。どんなに羽花が友達の良さを語っても、納得してくれません。
父のために、自分は今の学校生活を諦めなければいけないのか。羽花が諦めモードに入っていた時に界は、誰も間違っていないことを羽花に伝えます。
三浦くんは私のだもん
(by石森羽花 ハニーレモンソーダ9巻P160~P161より)
解説
後々、羽花は界と結ばれ、彼らは高校2年生に上がります。
界とクラスが離れながらも、毎日一生懸命な羽花。羽花はある日、界と同じクラスになった女の子に界が取られるのではないかと不安になります。今まで界にワガママを言わなかった羽花でしたが、限界だった羽花はとうとう自分の気持ちを界に吐き出します。
ウタラテ
この3つ以外にも、勇気を与えてくれる素敵な台詞が沢山溢れています!
気になる方は、ぜひ自分の目で確かめてみてくださいね♪

朗報!今ならYouTubeで1~3話が読める!?

少しでもハニレモが気になっているって方に必見。

なんとハニレモの1~3話が、
YouTubeで試し読みが出来るんです!!

しかもボイス付き。

有名声優というわけではありませんが、声が付いているだけで読みやすいのではないでしょうか?

こちらの動画、りぼんチャンネルが載せています。
つまり公式!!

期間は書かれていませんが、いつか削除される可能性もなくはありません。
気になる方は、早めに見ることをおすすめします。

他にもりぼんチャンネルは、様々な作品の試し読みができます。
興味がある方は、ぜひ覗いてみてください。⇒ りぼんチャンネル

さいごに

ハニレモには青春が詰まっています。
読んでいるこっちがワクワクしてしまうくらい、沢山のトキメキが溢れている作品です。

しかし、それは決して楽しいものだけではありません。
様々な苦悩も一緒に描かれています。
苦悩を乗り越えた先にある成長。
それを掴んでいく登場人物たちの姿に、勇気を与えられるはずです。
笑いあり、涙あり。
そして友情あり、恋愛あり。

読めば必ずハニレモの魅力にハマること間違いなし。
2021年の夏には実写化も決まっているという超話題作です。

巻が進むほど甘い展開になっていくハニレモ。
界もそうですが、特に羽花は髪をどんどんと伸ばし、女の子らしくなっていっています。
主要キャラの変化も丁寧に描かれていることも魅力の1つです。
見た目も中身も成長していく彼らに、目が離せません!

ウタラテ
甘酸っぱい学校生活を送りたいあなたにおすすめ
「ハニーレモンソーダ」
読んだら、ぜひ語りましょう♡

それでは、また。
以上、ウタラテでした。

胸キュン漫画ならこれも♡

❄️「その日、私の世界に彼が現れた──」❄️\#森下suu 先生『#ゆびさきと恋々』1巻発売!/作品紹介は → https://t.co/FXm1JlnCek⛄&#x[…]

最新情報をチェックしよう!